【Prominence3D】もよろしく!!
あのRPGツクールの開発部もおすすめする
2Dゲーム用の3Dエフェクト作成ソフト!!
無料体験版を是非触ってみてください!!
トップページ > HSPのひきだし > プログラムの書き方と実行方法
2013年04月03日

プログラムの書き方と実行方法

Pocket

プログラムの書き方

さっそくプログラムを書いてみましょう。

どんなゲームを作るにしても、
まずはウィンドウを表示しなければ始まりません。

そこで、とりあえずウィンドウを表示するプログラムを書いてみます。

まず、HSPの画面上にカーソルが出てる状態で、
キーボードの「TAB」キーを押してください。

すると、カーソルが4文字分右にずれます。

03_01

HSPのプログラムを書くときは、
各行の先頭に4文字分の空白を入れるのが決まりになっています。

作文の書き出しを1文字下げるのと同じです。

ただし、これを入れないからと言ってエラーが出るということはありません。

ですが、この書き方に慣れておくと後で良いことがあるので、
面倒がらずに従ってください。

なお、スペースキーを4回押しても見た目は同じになりますが、
必ずTABキーを使うようにしてください。

では、4文字分の空白の次にscreen 0, 640, 480と書いてみてください。

03_02

「screen」と「0」の間には半角スペースを入れます。

「,」と数字の間にはスペースを入れてもいいし、入れなくてもいいです。

つまり、
screen 0, 640, 480 でも良いし
screen 0,640,480 でも良いし
screen 0, 640 , 480 でも良です

自分で見やすい書き方であればOK。

 

プログラムの実行方法

さて、まだ1行だけしか書いていませんが、これも立派なプログラムです。

ためしに実行してみましょう。

キーボードの1番上の段に「F5」と書かれているキーがあります。

これを押してみてください。

03_03

このような真っ白な画面が出れば成功です。

もし、「結果レポート」という画面が出たら、どこか間違っています。

スペルを間違ったりしていないか再確認してください。

よくある間違いとしては、スペースが全角になっているパターンです。

全角スペースは使えませんので確認してください。

 

プログラムの意味

このプログラムの意味を解説しましょう。

先ほど表示された真っ白なウィンドウを閉じて、
プログラムをよく眺めてください。

まず最初に「screen」と書きました。

これは「ウィンドウを作成しなさい」という意味の命令です。

この命令を書くことにより、ウィンドウが作成されます。

その後ろにある3つの数値は、この命令を実行するための情報で、
パラメータといいます。

最初の「0」は作成するウィンドウに付ける番号です。

普通はウィンドウは1つしか表示しないので0番にします。

次の「640」はウィンドウの幅、最後の「480」はウィンドウの高さになります。

つまり、「screen 0, 640, 480」とは、「幅640ピクセル、高さ480ピクセルの、
0番ウィンドウを作りなさい」という意味のプログラムになります。

実際先ほど表示されたウィンドウは幅と高さが640×480ピクセルになっています。

このように、HSPのプログラムは

命令 パラメータ,パラメータ,パラメータ・・・という書き方をします。

命令によって、パラメータの数や、何を指定するかは変わってきます。

 

今回のポイント

  • プログラムの各行の先頭には、TABキーで4文字分のスペースを空ける。

  • プログラムは「F5」キーで実行。

  • プログラムは「命令 パラメータ,パラメータ・・・・」と書く。

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 ■ツール・ゲーム  ■講座  ■素材  ■その他  ■管理人へ
  Prominece3D   エフェクト画像の描き方   戦闘エフェクト素材   CG作品   お問い合わせ
  ウディタミネンス   ロゴの描き方   投稿エフェクト   書籍   管理人を応援
  Relocater   HSP講座      
  Prominece        

Copyright © 2011-2015 藤宮翔流 All Rights Reserved.