トップページ > Prominence3D(プロミネンス3D) > ―「発生源」タブ
2015年03月26日

―「発生源」タブ

Pocket

パーティクルが発生する位置や範囲を指定します。

 

形状

image

パーティクルが発生する範囲の形状を選択します。

選択できるのは以下の6種類になります。

円(垂直)
image 


image 

円柱
image
円(水平)
image 

半球
image 

直方体
image

 

 

位置

image

発生する範囲の中心位置を指定します。

左から順に「左右」「上下」「前後」の指定になります。

 

サイズ

image

発生する範囲の広さを指定します。

左から順に「幅」「高さ」「奥行き」の指定になります。

サイズがすべて0の場合は、どの形状でも中心から発生することになります。

 

範囲

image

指定した範囲のどこから発生するのかを指定します。

内部
image
任意(30%)
image
表面
image

 

オプション

image

・向き固定

デフォルトでは、親ノードがある場合に親パーティクルが回転すると発生する範囲も回転します。
しかし、ここにチェックを入れると回転しなくなります。

 

・サイズ固定

デフォルトでは、親ノードがある場合に親パーティクルのサイズが変わると発生する範囲も変化します。
しかし、ここにチェックを入れると範囲が変わらなくなります。

 

・等間隔

ここにチェックを入れると、パーティクルが等間隔に発生するようになります。

発生源の形状が「円(水平)」「円(垂直)」の時のみ指定できます。

通常
image
等間隔
image

Pocket




―「発生源」タブ” への2件のコメント

  1. 等間隔にチェックを入れない場合、パーティクルの数が少ないほど歪な形に発生してしまいます。
    かといって等間隔にはしたくない場合、なんらかの形で射出角度を変えられる機能が欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 ■ツール・ゲーム  ■講座  ■素材  ■その他  ■管理人へ
  Prominece3D   エフェクト画像の描き方   戦闘エフェクト素材   CG作品   お問い合わせ
  ウディタミネンス   ロゴの描き方   投稿エフェクト   書籍   管理人を応援
  Relocater   HSP講座      
  Prominece        

Copyright © 2011-2015 藤宮翔流 All Rights Reserved.